小豆島・瀬戸内国際芸術祭
c0223478_2122749.jpg

小豆島の写真、やっとアップします。

注意:今日は猫はちっとも出てきません。残念ながら風景とアートのみです。
ご興味ある方はぜひご覧くださいね。


c0223478_2110106.jpg

なんとか一泊休みをとって、出かけてきました瀬戸内国際芸術祭。
これは行きのフェリーの中で撮った写真です。


前回は直島に出かけたのですが、直島には私たちが二人とも大好きなジェームス・タレルの南寺があるので、
実は今回もまた直島に行きたかったんです。
でもあまりにタイトなスケジュール調整で、どこも宿がとれるはずもなく、なんとかとれた小豆島へ。


直島が好きだったから正直あまり期待せずに出かけました。


が、しかし、侮る事なかれ、小豆島!



c0223478_2114486.jpg

行きのフェリー、すでに夕方だったので、こんな綺麗な瀬戸内海を眺めながら。



c0223478_21143379.jpg

神々しい海です。



c0223478_21154844.jpg

お気に入りの一枚。



c0223478_2116724.jpg

瀬戸内海、って感じです。
倉敷育ちの私ですので、穏やかな海がやっぱり落ち着きます。。。




c0223478_21173960.jpg

いざ、小豆島へ上陸!



c0223478_2118128.jpg

ちょっと走ったところでこんな美しい光景にも出会いました。




島の夜は早いので、その日はホテルでの〜んびりと。
・・・びっくりするほど早寝しました(笑)



c0223478_21185110.jpg

私たちにしては、早起きしてさっそく島の探索に。




c0223478_2120238.jpg

美しいです。




c0223478_21204656.jpg

ここは芸術祭とは関係なく、二十四の瞳の映画村です。



なんとなく来ちゃったここが想像以上によかった。



c0223478_21212576.jpg

こんな景色に・・・




c0223478_21214324.jpg

懐かしい教室。



c0223478_2122588.jpg

教室から海!!!!!

なんだろう・・・
私たち二人とも、この景色にはやられました。

これを見るためだけにでも、小豆島に来てよかった、と思うくらい。



朝一番ということもあり、貸し切り状態だったのがよかったのかもしれません。
ここに座って、こうして教室の外を眺めて、船が行き交ったり、とんびが旋回するのを見たり・・・
ああ、大切な時間!



c0223478_21253228.jpg

映画村には昔懐かしい駄菓子屋さんもありましたよ♪



私たちの旅、及びアート鑑賞はいつも駆け足(笑)
気に入った作品、場所だけはちょっと長くステイしますが、後はさささー。


c0223478_21261097.jpg

この作品、ぜひ夜見たかったです。



c0223478_21273754.jpg

これ、作品じゃありません(笑)
小豆島は「お醤油」と「オリーブ」が有名です。


これはお醤油の方!


c0223478_21281680.jpg

欲張りな私たちは、アート関係なく気になったところはう〜ろうろ。
お醤油倉庫、カッコイイでしょ?



c0223478_21291882.jpg

これもお醤油倉庫。外観もかなりいいです。



c0223478_21294430.jpg

これは中!!!ちょっと怖いです!!



c0223478_21304826.jpg

外!!カッコイイです!!

注意:あまりに薄っぺらい私の感想にどうか腹を立てないでくださいね。
人間性がかなり薄っぺらいのでどうしようもないんです・・・




c0223478_21312088.jpg

こんな風に町並みの中にアートが点在しています。
(けっこう探すの大変だった・・・)


c0223478_2133991.jpg

町並みも心を打つ風景です。



c0223478_21334095.jpg

こんな道をてくてく歩くといきなり、リーゼントのオリーブに出会います♪



c0223478_21341383.jpg

いいですね〜♪




c0223478_21345572.jpg

てくてく、てくてく歩くとこんなお家が会場だったりします。



c0223478_21352682.jpg

中にはこんなのとか、いろいろあります。
音楽、よかったな〜〜〜♪



c0223478_21361188.jpg

農家のおじちゃん&おばちゃんもアートに見えてきます。
いや、ほんと、アートです。



c0223478_21365899.jpg

植物は常にアートですね。




c0223478_21372121.jpg

こんなカッチョイイ建物も会場でした。



c0223478_21375489.jpg

中はこうなってました!



c0223478_21381474.jpg

えええ?これな〜〜〜にぃ?と思うでしょ?



c0223478_21383645.jpg

お醤油でした!楽しい♪




c0223478_2139572.jpg

小豆島は島ですから(当たり前)、どこに行っても美しい海があります。

ちなみに、夫の心の故郷、富浦の空気とあちこちが似通っていて、夫はとっても癒されたそうです。
分かる気がする。



c0223478_21434752.jpg

会場にはこんなのぼりが出ていたりしますので、これを目印に進みます。



c0223478_2140345.jpg

またまた貸し切り状態の民家会場にお邪魔すると・・・
なんとこの床、のように見えるもの、鉛筆で全て描かれています。


アーティストってすごいな。



c0223478_21412539.jpg

意味なんて分からなくていい、と思う私はイケナイのかもしれません。
アーティストの皆様には失礼なのですが、私は現代美術は肌で感じて楽しむタイプです。



c0223478_21443039.jpg

え〜〜〜と、、、これなんて、(これって失礼かしら?)この作品なんて・・・絶句。
気持ち悪〜〜〜〜(笑)
・・・・・でもなんだか好きでした。
懐かしい気持ちになるんです。すごくこの作家さん、友達感を感じる!笑



c0223478_2146554.jpg

綺麗な景色を見ながら進みます。



c0223478_21471598.jpg

そういう綺麗な景色もアートになっていたりします。
これ観たかったけど、映像だけでした、残念。



c0223478_21474628.jpg

この景色は富浦みたい。



c0223478_21481429.jpg

ここ、楽しみました!



c0223478_21484390.jpg

c0223478_21485665.jpg

瀬戸内海の島々です。



c0223478_2152165.jpg

この作品は古事記を元に創られたそうです。
イザナギノミコトとイザナミノミコトがドロドロの地に矛を刺し、
矛先からしたたり落ちた雫が最初の島となり、そこに降り立った二神が次々と島を生み出し、
日本という国が創世されていった・・・知りませんでした。
面白い。



c0223478_21555075.jpg

エンジェルロードにも行ってみたり・・・



c0223478_2158249.jpg

いきなりこんな怖いゴリラに出会ってみたり・・・
(すみません、私はお猿さん系がどうしても怖いんです)



c0223478_2159432.jpg

こっちは大丈夫^^



c0223478_2202374.jpg

ここは年に一度、島民の方が歌舞伎をする舞台だそうですよ。
ここに座ると、こうしてこうして、山と舞台と一緒に見えていいんだよ〜、
って地元のおじさんに教えてもらったり・・・



島の人たちがみな温かかった。
本当に駆け足の短い旅でしたが、私たちにとっては日常を少し離れて
美しい海に癒された日となりました。



帰りも夕方のフェリーで。

c0223478_2221987.jpg


c0223478_22573374.jpg


c0223478_22574718.jpg


さようなら、小豆島。
ありがとう!!!
Top▲ | by tennjan | 2013-10-30 23:04 | 映画・本・アート
<< タスマニアデビル? | ページトップ | ビート&ベンピ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin