めめちゃん、よく来てくれました。
c0223478_12582277.jpg

はじめましてこんにゃちは。めめちゃんです♪

この写真、見たことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。


いつもお世話になっている倉敷の亀山雅子さんがFBに載せてくださっていた写真です。


めめちゃん、倉敷保健所に収容されていました。
車のモーターに巻き込まれて、後脚と尻尾に大怪我をしています。
首輪もしているのに飼い主さんは現れず・・・
このまま殺処分と聞いて思わず、亀山さんに連絡しました。

ええもう当然のごとくキャパオーバー&オーバーです。
エボ・マホの里親募集を頑張らなくちゃなのにその前に捕獲したりなんだかんだで、ちっとも頑張れていない状況で、他に1頭くることも決まっているのに・・・

倉敷からは吉備太、左膳、弥七と来ていますが、どの子も生きて元気になれたのが奇跡のような子たちです。

可能性がちょっとでもあるなら、なんとかしてあげたい!!
早く治療を受けさせたい!!!
ただその気持ちだけで突っ走りました。
その他のことはあとから全部考えよう、と。


めめちゃん、という仮名は写真を拝見したときにすぐに浮かんできた名前です。

c0223478_137565.jpg

これが保健所収容の際の写真です。
なぜか「めめちゃん、がんばろう!」と口走っていました。



車のボンネットに猫が入り込んでモーターに巻き込まれて死亡する、という事故は後を絶たないそうです。
巻き込まれた子はほとんどの場合、死んでしまいます。


みなさん、ボンネットとんとんしてくださいね。
どうかお願い。


暖かい車の中に猫が入り込んでいる可能性があります。


車の中に入らないようにできないものなのかな?



めめちゃんは、そんな事故があったにも関わらず、生きています。

でも、めめちゃんの怪我は想像以上にひどかったです。
右後脚はかかとのところで折れ曲がり、かかとから下は壊死してすでにミイラ化しています。
左後脚も複雑骨折したうえ、骨も飛び出ており、膿がたまっています。
尻尾はちぎれており、こちらも壊死しています。


どれだけ痛かったことかと思います。


猫ってすごいな、といつも思います。
私だったら確実にもう死んでいる自信があります。



昨日は実は、ある猫駆除問題で知り合ってお世話になっているFさんに、ある場所に連れて行ってもらったんです。
Fさんが夢の家を建てられるので、その予定地に。
Fさんにめめちゃんのことを話したところ、すぐに「ではその後に羽田まで迎えに行きましょう」と言ってくださり、3人で夢の場所を見に行ってから、Fさんには空港から病院まで付き合っていただきました。
Fさん、突然の無茶なお願いだったのに、本当にありがとうございました!!

この理想郷については、またお話しできる機会があるかと思います。
すごく素敵なところでした。
Fさんには美味しいランチもご馳走になり、普段の日常とは離れた、とてもよい時間を過ごしました。




おかげさまで無事空港にお迎えに行くことができ、そのまま病院へ。
c0223478_13225073.jpg

めめちゃん、ものすごく可愛いでしょ?



とっても小柄です。
1.6キロしかありません。
まだかなり幼い感じがします。


そして、めめちゃんは白血病陽性です。
う〜〜〜〜ん、辛い。

正直なところ、白血病陽性と聞いて「どうしよう?どうしよう?」とオロオロしました。
先生に電話して「ず〜〜〜〜〜〜っと入院させてください」と無茶なお願いもしました。
(もちろん無理です。よい子のみなさんは真似しないでくださいね)

こんな大怪我で、さらに白血病陽性、ああ、どうしよう!!!???


・・・と軽くパニックを起こしていたのですが、不思議なものですね。
空港でめめちゃんに初めて会ったときに、浮かんできたのは
「めめちゃん!!よく来てくれたね!!ほんとにがんばったね!!来てくれてありがとう!!」という気持ちと、「無事羽田に着いてくれてよかった」という気持ちだけでした。
めめちゃんに会えて本当に嬉しかった。ものすごく嬉しかったです。
来てくれたんだから、守り抜きたいと思います。




先生もめめちゃんの怪我を診てくれながら「わあ、これはひどい」「よく生きてたね」とおっしゃっていましたが、本当に正視できないほど、ひどい怪我です。
後でMoreに写真を載せますね。


とにかく今は体力をつけてもらうために、点滴と給餌を続けて、体力がついたら手術をする、ということになりました。
後脚は両方とも断脚、しっぽも断尾、は間違いなさそうです。
あとは、腿の部分を残せるかどうか・・・

白血病陽性なので、手術も心配です。
めめちゃん、しばらくは心配が続きます。


亀山さんから、めめちゃんがほとんどご飯を食べないと聞いて、すごく心配だったのですが、先生に聞いたところ、今朝はad缶と私が持って行ったちゅーるを食べたそうです。
めめちゃん、その調子!!



亀山さんには倉敷での医療費と、空輸代をご負担いただきました。
本当にありがとうございます。



めめちゃんについては、里親さんを早急に探すとともに、預かってくださる方も探しています。
こんな状況ですので厳しいかとは思いますが、こんなに頑張った子だもの、諦めていません。

里親さんになってくださる方、預かってくださる方、いらっしゃいましたらぜひご連絡ください!!



また、今回の手術&長期入院にかなりの金額がかかると思われます。
弥七くんの手術から、ゆうたから始まった猫風邪騒動で、かなりの金額を使ってしまい、余裕がありません。
めめちゃんの医療費をご支援いただけるととっても助かります。
ご支援いただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡お願いします。


ご連絡はこちらまで↓
tennjan☆biscuit.ocn.ne.jp(☆を@に変えてください)


亀山さんを通して、すでに数名の方がご支援のお申し出をくださっているようです。
本当にありがとうございます。

どれだけ励まされることか。
めめちゃん、応援してくださってる方がたくさんいるよ、頑張ろうね!!


毎回思うことですが、本当に大変だ!と思う猫さんとの出会いほど、いろいろなことを教えてくれます。


引き続きめめちゃんの様子をお知らせするとともに、エボ・マホの募集、弥七の怪我治療、捕獲も頑張ります。
次回はとても嬉しいお知らせがあります。



最近すっかり忘れていた(!)Facebookはこちら↓
テンテンとジャン Facebook


ずいぶん前から個人のアカウントもあるのですが、完全に放置しています。
こちらもちゃんと再開しようかな?と考えています。



それでは最後にMoreに、めめちゃんの怪我の写真を載せます。
少し下の方に載せておきます。













































c0223478_13541610.jpg

わかりにくいかもしれませんが、左にちょっと飛び出ている部分がつま先です。
完全にミイラのようになってしまっています。折れ曲がってくっついているようです。



c0223478_13551477.jpg

亀山さんが送ってくださった写真で、脚の骨が見えてしまっています。


c0223478_1355523.jpg

これは尻尾の方です。
こちらも完全に壊死しています。
Top▲ | by tennjan | 2015-01-10 14:01 | めめちゃん
<< めめちゃんに会ってきました。 | ページトップ | 2014年ありがとう その3 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin