カテゴリ:映画・本・アート( 38 )
Top▲ |
インサイド・ルーウィン・デイヴィス
c0223478_2225485.jpg

お父さんに甘える伽羅りんこちゃんです。
夫がiPhoneで撮った写真が可愛かったので送ってもらいました。


伽羅は本当に女の子らしくて、甘える時間をしっかり使い分けています。
ちゃ〜んと2人っきりになる時間に甘えるんですよ。

このときは夫と伽羅以外はみんな私と一緒に寝ていました。
なので、お父さん独り占めでご機嫌な伽羅ちゃん♪



また、日中お兄ちゃんたちがお昼寝しているときは、私にベッタリです♪
すご〜〜く上手に甘えタイムを使い分けるきゃら・りんこさんでした。



さて、今日は久しぶりに映画です。

コーエン兄弟ですよ。

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』を観ました。

まあそれはそれは可愛い茶トラの猫が出てきます。
・・・が、猫好きにはあまりオススメしないかな〜〜〜?
いや、猫好きには、じゃなくて、保護活動者には、かな?

ルーウィン・デイヴィスを殴りたくなります。笑
(でも猫関係なく殴りたくなるかも?)


それにしても、さすがはコーエン兄弟。
映画の魅力は素晴らしいものがありました。
奥が深い!映画としては非常に面白かったです。


予告編です↓



昨日紹介した音楽にも登場していたジャスティン・ティンバーレイク、ソーシャル・ネットワークのときも思いましたが、なかなかよい役者さんですよね。


映画好きには非常に面白い映画だと思いますが、決して万人受けしないだろうな、という印象です。
それに、私には切な過ぎて辛かったです。
決してただの悲劇とかではないのですが、すごく沁み入ってしまうんです。
切ない映画でした。
(切ない映画、切ない小説、って褒め言葉ですけどね)


猫の名前がラストで明かされますが、これがまたすごいんですよ。
私はよく分からなかったので帰宅後にいろいろ調べてしまって唸りました。
あのシーンで使っているのはあの音楽なのか!!ということも…

とにかく、切なく沁み入る映画で、噛めば噛むほど味があると思います。
久しぶりに映画的に興奮する映画でした。辛かったけど…

私はやっぱり、胸が苦しかったのでもう観たくないけど、夫は明るい気持ちで観終えたようですよ。
そうなんです、ただ暗い映画ではありません。







観たい映画がたくさんあります。

昔、すごくたくさん映画を観たのですが、結局、私が一番好きなのはコメディなんです!!笑
自分の人間性を物語ってしまいますね。
ポリスアカデミーなんて何度観てもお腹を抱えて笑ってしまいます。
安心して観られるコメディーを何度も繰り返し観るのがお気に入りです♪


久しぶりにお顔を拝見したくなったので、動画探してみました。
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ



それではみなさま、楽しい週末を☆
Top▲ | by tennjan | 2014-06-28 22:56 | 映画・本・アート
小豆島・瀬戸内国際芸術祭
c0223478_2122749.jpg

小豆島の写真、やっとアップします。

注意:今日は猫はちっとも出てきません。残念ながら風景とアートのみです。
ご興味ある方はぜひご覧くださいね。


c0223478_2110106.jpg

なんとか一泊休みをとって、出かけてきました瀬戸内国際芸術祭。
これは行きのフェリーの中で撮った写真です。


前回は直島に出かけたのですが、直島には私たちが二人とも大好きなジェームス・タレルの南寺があるので、
実は今回もまた直島に行きたかったんです。
でもあまりにタイトなスケジュール調整で、どこも宿がとれるはずもなく、なんとかとれた小豆島へ。


直島が好きだったから正直あまり期待せずに出かけました。


が、しかし、侮る事なかれ、小豆島!



c0223478_2114486.jpg

行きのフェリー、すでに夕方だったので、こんな綺麗な瀬戸内海を眺めながら。



c0223478_21143379.jpg

神々しい海です。



c0223478_21154844.jpg

お気に入りの一枚。



c0223478_2116724.jpg

瀬戸内海、って感じです。
倉敷育ちの私ですので、穏やかな海がやっぱり落ち着きます。。。




c0223478_21173960.jpg

いざ、小豆島へ上陸!



c0223478_2118128.jpg

ちょっと走ったところでこんな美しい光景にも出会いました。




島の夜は早いので、その日はホテルでの〜んびりと。
・・・びっくりするほど早寝しました(笑)



c0223478_21185110.jpg

私たちにしては、早起きしてさっそく島の探索に。




c0223478_2120238.jpg

美しいです。




c0223478_21204656.jpg

ここは芸術祭とは関係なく、二十四の瞳の映画村です。



なんとなく来ちゃったここが想像以上によかった。



c0223478_21212576.jpg

こんな景色に・・・




c0223478_21214324.jpg

懐かしい教室。



c0223478_2122588.jpg

教室から海!!!!!

なんだろう・・・
私たち二人とも、この景色にはやられました。

これを見るためだけにでも、小豆島に来てよかった、と思うくらい。



朝一番ということもあり、貸し切り状態だったのがよかったのかもしれません。
ここに座って、こうして教室の外を眺めて、船が行き交ったり、とんびが旋回するのを見たり・・・
ああ、大切な時間!



c0223478_21253228.jpg

映画村には昔懐かしい駄菓子屋さんもありましたよ♪



私たちの旅、及びアート鑑賞はいつも駆け足(笑)
気に入った作品、場所だけはちょっと長くステイしますが、後はさささー。


c0223478_21261097.jpg

この作品、ぜひ夜見たかったです。



c0223478_21273754.jpg

これ、作品じゃありません(笑)
小豆島は「お醤油」と「オリーブ」が有名です。


これはお醤油の方!


c0223478_21281680.jpg

欲張りな私たちは、アート関係なく気になったところはう〜ろうろ。
お醤油倉庫、カッコイイでしょ?



c0223478_21291882.jpg

これもお醤油倉庫。外観もかなりいいです。



c0223478_21294430.jpg

これは中!!!ちょっと怖いです!!



c0223478_21304826.jpg

外!!カッコイイです!!

注意:あまりに薄っぺらい私の感想にどうか腹を立てないでくださいね。
人間性がかなり薄っぺらいのでどうしようもないんです・・・




c0223478_21312088.jpg

こんな風に町並みの中にアートが点在しています。
(けっこう探すの大変だった・・・)


c0223478_2133991.jpg

町並みも心を打つ風景です。



c0223478_21334095.jpg

こんな道をてくてく歩くといきなり、リーゼントのオリーブに出会います♪



c0223478_21341383.jpg

いいですね〜♪




c0223478_21345572.jpg

てくてく、てくてく歩くとこんなお家が会場だったりします。



c0223478_21352682.jpg

中にはこんなのとか、いろいろあります。
音楽、よかったな〜〜〜♪



c0223478_21361188.jpg

農家のおじちゃん&おばちゃんもアートに見えてきます。
いや、ほんと、アートです。



c0223478_21365899.jpg

植物は常にアートですね。




c0223478_21372121.jpg

こんなカッチョイイ建物も会場でした。



c0223478_21375489.jpg

中はこうなってました!



c0223478_21381474.jpg

えええ?これな〜〜〜にぃ?と思うでしょ?



c0223478_21383645.jpg

お醤油でした!楽しい♪




c0223478_2139572.jpg

小豆島は島ですから(当たり前)、どこに行っても美しい海があります。

ちなみに、夫の心の故郷、富浦の空気とあちこちが似通っていて、夫はとっても癒されたそうです。
分かる気がする。



c0223478_21434752.jpg

会場にはこんなのぼりが出ていたりしますので、これを目印に進みます。



c0223478_2140345.jpg

またまた貸し切り状態の民家会場にお邪魔すると・・・
なんとこの床、のように見えるもの、鉛筆で全て描かれています。


アーティストってすごいな。



c0223478_21412539.jpg

意味なんて分からなくていい、と思う私はイケナイのかもしれません。
アーティストの皆様には失礼なのですが、私は現代美術は肌で感じて楽しむタイプです。



c0223478_21443039.jpg

え〜〜〜と、、、これなんて、(これって失礼かしら?)この作品なんて・・・絶句。
気持ち悪〜〜〜〜(笑)
・・・・・でもなんだか好きでした。
懐かしい気持ちになるんです。すごくこの作家さん、友達感を感じる!笑



c0223478_2146554.jpg

綺麗な景色を見ながら進みます。



c0223478_21471598.jpg

そういう綺麗な景色もアートになっていたりします。
これ観たかったけど、映像だけでした、残念。



c0223478_21474628.jpg

この景色は富浦みたい。



c0223478_21481429.jpg

ここ、楽しみました!



c0223478_21484390.jpg

c0223478_21485665.jpg

瀬戸内海の島々です。



c0223478_2152165.jpg

この作品は古事記を元に創られたそうです。
イザナギノミコトとイザナミノミコトがドロドロの地に矛を刺し、
矛先からしたたり落ちた雫が最初の島となり、そこに降り立った二神が次々と島を生み出し、
日本という国が創世されていった・・・知りませんでした。
面白い。



c0223478_21555075.jpg

エンジェルロードにも行ってみたり・・・



c0223478_2158249.jpg

いきなりこんな怖いゴリラに出会ってみたり・・・
(すみません、私はお猿さん系がどうしても怖いんです)



c0223478_2159432.jpg

こっちは大丈夫^^



c0223478_2202374.jpg

ここは年に一度、島民の方が歌舞伎をする舞台だそうですよ。
ここに座ると、こうしてこうして、山と舞台と一緒に見えていいんだよ〜、
って地元のおじさんに教えてもらったり・・・



島の人たちがみな温かかった。
本当に駆け足の短い旅でしたが、私たちにとっては日常を少し離れて
美しい海に癒された日となりました。



帰りも夕方のフェリーで。

c0223478_2221987.jpg


c0223478_22573374.jpg


c0223478_22574718.jpg


さようなら、小豆島。
ありがとう!!!
Top▲ | by tennjan | 2013-10-30 23:04 | 映画・本・アート
猫旅-neko tabi-
c0223478_17424436.jpg

ルーニーくんです!!!

サインを見ていただければお分かりのように、keiさんの作品です。

続きはMoreから↓

More
Top▲ | by tennjan | 2012-11-20 18:12 | 映画・本・アート
KINFOLK
c0223478_2344585.jpg

ルーニーくん、元気出て来ました^^
今も一人でベッドの中でひっくりかえってみたり、キックキックしたり、かじってみたり♪

・・・今日はkeiさんとランチしてきました・・・
keiさんが、なんとルーくんを描いてくれましたよ♪↓
http://www.flickr.com/photos/kei0727/

keiさんは知的で凛とした美しい女性で、お話するといつもたくさんいい刺激を受けます。
keiさん、いつもありがとう〜〜〜!!!

そんなわけで今日は珍しく猫じゃなく、大好きな雑誌の話題です。


More
Top▲ | by tennjan | 2012-09-26 00:49 | 映画・本・アート
越後トリエンナーレの旅 2日目
c0223478_1574246.jpg

越後トリエンナーレの旅、2日目です。
この日は1日めよりはちょっと多く観ることができました^^


More
Top▲ | by tennjan | 2012-09-08 17:33 | 映画・本・アート
越後トリエンナーレの旅 1日目
c0223478_17234935.jpg

行って来ました。越後トリエンナーレへ!
(今日の記事は猫が出て来ませんよ〜笑)
続きからどうぞ↓

More
Top▲ | by tennjan | 2012-09-07 18:36 | 映画・本・アート
本が好き!
c0223478_22491026.jpg
c0223478_22475672.jpg

間違い探しです。


分かったかにゃ?

みっちょん、刺繍は無理だったから、photoshopの落書きにしたよ♪
めェ太、ほんとに可愛いね〜〜〜♪♪




さてさて、最近またたくさん本を読んでいます。

子どもの頃はまさに本の虫でした。
ゴハンより本が好きでした。(今では考えられないけど・・・笑)

「ナルニア国物語」「赤毛のアン」「大草原の小さな家」「トムは真夜中の庭で」「秘密の花園」「つばめ号とアマゾン号」「海底二万海里」
「クローディアの秘密」「台所のマリアさま」「人形の家」「飛ぶ教室」「長くつ下のピッピ」「ビーチャと学校友だち」「はてしない物語」
「指輪物語」「小公女」「ハックルベリィ・フィンの冒険」「チョコレート工場の秘密」「ゲド戦記」「鏡の国のアリス」・・・
まだまだ他にも・・・どれだけたくさんの物語にどれだけ胸躍らせてきたことか。

内向的で大人しかった私を案じて、母が家庭文庫を始めてくれたのが33年前のこと。(母は今も子どもの本の活動を続けています。)
おかげで、図書館から毎月何十冊も本が借りられて、たくさんの本に囲まれていました。
家を建てたときにおそらく客間として用意したであろう、6畳の和室が文庫になり、壁一面に本が並んでいました。
窓際の壁にぴったり背中をつけて、外の空気を感じながら心はナルニア国に行ったり、プリンスドワード島に行ってみたり・・・
今でもそのときの感覚は鮮明に覚えています。
夢見る本の虫でした(笑)
本だけがお友達だった・・・といってもいいくらいです。
本に救われて育ったような気がします。



今思ってみても、C.S.ルイスやL.M.モンゴメリやマーク・トウェインや、ロアルド・ダール、J.R.R.トールキンたちの物語より面白い物語はないのではないかと思ってしまうほどです。
彼らの本は何度も何度も読んでも全く色褪せません。


今でもお風呂時間と寝る前の読書タイムが楽しみです♪

最近読んでちょっと面白かった本の中から2冊、紹介しますね。

『怒らないこと』アルボムッレ・スマナサーラ著

かなり売れている本なので、お読みになった方も多いかもしれません。
「怒り」が生まれると「喜び」を失う
世の中の破壊の原因は「怒り」
「私は正しい」と思うから怒る
「怒り」が気づかないうちにからだを壊す
正しい「平等」を理解する
「怒る人ほど頭が悪い」という真理
「生きがい」などにこだわらない
エゴを捨てれば自由になる
・・・などなど、見出しだけでも面白いです。
う〜〜〜ん、なるほど!と唸ります。
名前以外は全部捨てよう、というのもほぉ〜う!と思いました(笑)
にゃかにゃかできません〜〜〜・・・
自戒の念を込めて読むととっても面白いです。
あっという間に読めてしまう本です。



『猫の森の物語』南里秀子著

「猫の森」の代表であり、キャットシッターの南里秀子さんの最新作です。
ひとこと、面白かった!!
『猫も人も「ご機嫌元氣」に!』というサブタイトルがついています。
見開きにも
あなたが
元気なら、
猫は大丈夫!

と大きく書かれていて、思わずニッコリ^^
南里さんがおっしゃると説得力あり。


最近はバシャールもちらほら読み直してみたり、中村元さんの本も読みたくて購入済みだったり、夏目漱石もまた読み直してみたかったり・・・
キャラメルさんにお借りしている本、超大切に読みたくて温存しすぎているので、こちらもちゃんとゆっくり読みたいし・・・
本が面白過ぎて、困ります。(嬉しい悲鳴)

c0223478_0134645.jpg

面白過ぎて困るにゃんてことはありません。byてこりん





今朝、えだまめ子さんからとっても嬉しい贈り物が届きました!
まめ子さん、ほんとに感激でした。ありがとう!!!
c0223478_0155399.jpg

てこりんファンクラブ会長のまめ子さんからてこちゃんへのプレゼント
そしてメロンくんから私への激励;;(PC前に飾って励まされてます!!メロンありがとう!!)

c0223478_0172493.jpg

みんにゃにオヤツ。(びぃ先生用が特別に2つ入ってました^^)

c0223478_01727100.jpg

私に梅酒♡(実は梅酒大好きなんです!ビックリしました!)


c0223478_0194598.jpg

てこちゃん、偉そうですみません。

c0223478_0213583.jpg


ファンクラブ会長(って会員はいるのか??)まめ子さん、今日はてこちゃんの写真久しぶりにアップしましたよ〜♪
c0223478_0232546.jpg




それから、今日は地域のねこ会にも参加してきました。
皆さん、それぞれたくさんの猫さんたちのケアを懸命に続けていらして、話が尽きません。
ちょっと聞いただけでも、腎不全に苦しむ子、血栓が出来て断脚予定の子、行き場を失いそうな子、どっちを向いても辛い現実が。。。
けれどもみなさん、たくましい。
「ああ、辛いわ」と言いながら、どんどん行動してどれだけたくさんの猫を救っていることか。
人知れず毎日努力なさっているみなさんに毎回、勉強させていただいています!
(ってここに書いても読んでいる方はほとんどいませんがー笑)

c0223478_0365881.jpg

ねこ会のOさんから頂いたクッキーです♪

c0223478_0372264.jpg

中のクッキーも子猫の写真つき♪可愛い!


タンタンは餌場にちゃんと戻っています。
Nさんから「元気でツヤツヤしてるわよ」と聞いて、ホッとしました。

吉備ちゃんは外出時と就寝時以外はほとんどケージフリーにしています。
まだまだ、保護部屋以外で私に出会うとダッシュで逃げますが・・・
でも日々、ど〜んどん変化があります。いい方向に。
今日はず〜っと抱っこしていましたが、ず〜っとゴロゴロでした♪
・・・こう書いている間にケージに戻って自分のベッドで寝る吉備太です。
すっかり甘えん坊に戻りました(笑)


では、みなさま楽しい週末を☆
Top▲ | by tennjan | 2012-07-21 01:22 | 映画・本・アート
いい時間
こんばんは〜☆
吉備太の様子をアップするつもりだったのですが、仕事がアップアップでゆっくりブログに取りかかれません。

なので、今日はお気楽記事を手短に♪♪


こ〜〜んな可愛いクッションを買いました!!
sale万歳!!
c0223478_23273399.jpg
このぶさ可愛なてこりん風の白黒がたまりません♪



それから、いい時間♪



それから、美しい時間!!

ジローを観るとなぜか元気になります。すごいな、マリーアニエス。素敵です☆
9月までには再開しようっと♪(書かないと実行しなそうなので・・・笑)



今日は大好きな猫・アート・バレエを1つずつご紹介でした♪
たまにはこんな記事で許してくださいねm(__)m
いつもみなさん、ほんとにありがとう!!
Top▲ | by tennjan | 2012-07-18 23:46 | 映画・本・アート
ル・アーヴルの靴みがき
c0223478_22574174.jpg


映画、観に行けました!!うれしい〜^^
昨日の夜のうちに夫と2人でせっせと内職した甲斐がありました。
今日も完ぺきなオフではなかったかもしれないけれど、いい休日でした☆


『ル・アーヴルの靴みがき』最高の映画でした。
心の底から「ああ、いい映画を観た」と久々に思いました。
他にもいっぱい観たい映画はあったのですが、これを選んで大正解でした!

アキ・カウリスマキ、言わずと知れた素晴らしい監督です。
月並みな言葉しか出てきませんが、すべてにおいて、とてもいい映画でした。
このシーンも、あのシーンも、心に響く美しい画がたくさん。
役者達の素晴らしさ。
愛すべき人たち。
音楽の素敵なこと。
カウリスマキ監督の愛犬、ライカ!
人として豊かな人たち。
完ぺきじゃない完ぺき。
切なさがいっぱい。そしてしあわせ。

社会的に弱い立ち場にある者たちへの限りなく優しいまなざしが心を打ちました。
カウリスマキ監督はとてつもなく優しい人だと思います。

理由なんてない。
あるのは愛。
慈しみ、悲しむ心。
心がきゅ〜っと喜ぶ映画でした。


あらすじなどを説明するのはとっても苦手なので、ぜひ公式HPをご覧になってみてくださいね。

宝物がまたひとつ、増えたような気持ちです。

(猫ブログとして一言付け加えるなら・・・
私は保護猫たちへの想いが、いつもこんな感じかもしれず、胸がしめつけられるようでした。
いい意味で。)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日のハッピーさん♪
リードを引く力がうんとしっかりしてきました。
最近はお散歩中に「ボクはこっち行ってみたい」ってちゃんと表現するようになりました^^
最初の頃のいつもしっぽを巻いておそるおそるついてくるハッピーさんとはまるで別犬です。
いつも笑顔です^^
Kさんともお話していたのですが、目が細くてつり上がっていたのに、まあるくキラキラになってきましたよ〜☆

ハッピーさんが本当の幸せを掴むまで、どうかお見守りくださいね^^
Top▲ | by tennjan | 2012-05-06 23:19 | 映画・本・アート
Happy Go Lucky
c0223478_1651919.jpg
みにゃさま、すごい暴風雨ですにゃ。
外出はなるべく控えてお家にいてくださいにゃ。
お外の猫さんたちもどうか気をつけて雨風しのいでくださいにゃ。
from B



今日はすごい暴風雨になりそうですね。
先ほど雨が降り出す直前に見かけた子猫が気になって仕方ないtennjanです。こんにちは。
捕まえたかったけれども何も持っておらず、オヤツを買いに行った間にいなくなってしまいました。ああ・・・(T T)
子猫といっても4〜5ヶ月でしょうか。簡単には捕まりません。
この地域にはまだ猫がたくさんいて、ご飯をあげている方もどうやら複数、さらにあるお家の方がお部屋に出入り自由にしている感じです。
再度TNR予定ですが、いろいろ難題が待ち構えています。
気持ちは焦るし、思うこともいろいろあってい〜っぱい書きたいこともあるのですが、ここはじっくり腰を据えて取組まないと、と思っています。
繊細な問題がいろいろとありますので、考えることの苦手な私は特に深呼吸が必要です。
スーーーーハーーーーー




さて、今日は久しぶりに映画のご紹介です♪
なかなか映画もDVDも観られていませんでしたが、もともと映画が大好きな私達夫婦(19年前に出会ったのも映画館のバイトです)、映画を観ないで生きて行ける気がしません(笑)

ジャケット買いならぬ、ジャケット借りでこちらのDVDを借りて観ました↓
c0223478_16271022.jpg


オフィシャルサイトはコチラ→★

これはお気に入りのフラメンコのシーン↓



Happy Go Lucky とは「楽天的、能天気、のんきな、成り行き任せの」といった意味の言葉です。
この映画、コメディーと書いてありましたし、たしかにフラメンコのところなんてコメディーですが、アメリカンコメディーを想像していると肩すかしをくらいます。

最初のうちは主人公にドン引きするかもしれません。
「なんだ、この映画は?」と思うかもしれません。
・・・でも中盤あたりから引き込まれました。
主人公ポピーを演じたサリー・ホーキンスはこの年ベルリン映画祭主演女優賞を受賞したそうです。
うん、わかる。
特に美人でも可愛くもなく、テンションが高過ぎてなんだかウザい主人公が、最後はとっても可愛く見えて来ます。
共演の自動車教習所の教官役のエディ・マーサンの演技にも心打たれました。
この教官、いわゆる嫌なヤツなのですが、その痛みがちゃんと痛く伝わって来ます。


マイク・リー監督の他の作品も観てみたいな、と思いました。
人に対しての視線が温かいというか、どこにでもいる人の、どこにでもある痛みを見つめるその心の優しさを感じられる映画でした。
切ないコメディーです。



映画と本とアートに感謝!!!
人生は辛いけれども、愛する人たちと愛する猫がいて、映画と本とアートがありますものね☆

「名作映画は、人類にとって最高の総合芸術である」by 淀川長治
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19匹のパパ&ママさんのところのホグちゃん、いつでも里親募集中に掲載中です。
掲載中のページはコチラ→★

バナーも作ってみました。応援よろしくお願いしますm(__)m
ホグちゃん、本当にびっくりするほど人間が大好きな可愛い女の子です。
今は病院でずっとの家族を心待ちにしています。
どうか、温かいずっとの家族が見つかりますように・・・
c0223478_10443038.jpg

c0223478_1046720.jpg

Top▲ | by tennjan | 2012-04-03 17:07 | 映画・本・アート | Comments(6)
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin