ロメオくんを紹介します♪
c0223478_204366.jpg

正統派茶トラのイケニャン、ロメオくんです☆


生後約3ヶ月半〜4ヶ月
(はっきりとはわかりませんが、8月終わり頃産まれかな?)
ウイルス検査済み(猫エイズ・猫白血病陰性)
ノミ取り・駆虫済み
ワクチン2回接種済み

現在真菌治療中ですが、ほぼ完治しています。
ただ、真菌はぶり返しやすいため、要経過観察。



c0223478_2072538.jpg

輝くような美しい小麦色の茶トラくんです。
スタイルもよく、しっぽもすらりと長め(先端少し幸運の鍵しっぽ♪)



c0223478_2082593.jpg

お顔を見ていただけるとわかるかも・・・ですが、性格花丸♪
と〜ってもいい子です。
すぐゴロゴロ言って甘えてくれます。

ほんのちょっとシャイで怖がりかな。
なので最初だけ人見知りしますが、すぐになれてくれると思います。



c0223478_20104897.jpg

c0223478_20171093.jpg

特技:ミーアキャット



c0223478_20172451.jpg

まだまだおこちゃんで、なんでも楽しいお年頃ですが、比較的穏やかな性格でおっとりしています。



c0223478_20181666.jpg

とにかく可愛いです!!
ロメちゃんはなんせ性格がとてもよいので、一緒に暮らしやすい子だと思います。
美しい茶トラに成長しそうですよ☆




他の猫とも仲良くできますので、サビ猫のダフネちゃんと一緒のご縁も大歓迎です♡




c0223478_2021528.jpg

バナーご協力いただける方はリンクはこのページにお願いします。ありがとうございます!


イケニャンロメオが気になる方は、こちら↓の募集要項をご覧の上、お気軽にお問い合わせください。
http://tennjan.exblog.jp/24921943/


ーーーーー<お問い合わせ>ーーーーー
お問い合わせはコチラまで↓
tennjan☆biscuit.ocn.ne.jp(☆を@に変えてください)




ーーーーーーーーーー

日常はInstagramにアップしています。
保護猫たちの様子もお伝えしていますのでぜひご覧ください。
c0223478_13153492.jpg

c0223478_13154730.jpg

c0223478_1316068.jpg

Top▲ | # by tennjan | 2015-12-23 20:26 | ロメオ
ながらくブログご無沙汰しました
c0223478_23573092.jpg

家族大募集の壮太郎&風花です、こんばんは!

ブログすっかり放置してしまってごめんなさい。

日常の様子はInstagramにアップしていますので、ぜひこちらをご覧くださいね。
c0223478_13153492.jpg



ブログとなるとなかなか書けずにいました。
その間にもお知らせはたくさんあります。
Instagramご覧いただいている方はいろいろご存知かとは思いますが。。。


出戻ってきたミントと珊瑚はそれぞれ、最高の家族の元にあの後すぐに旅立ちました。
その様子は改めてアップするつもりです。
ミントは、センターから引き出した超美猫のペネロペちゃんと一緒に、ゆず(元しま)ちゃんとメロ(元バック)、そしてその前からいた先住猫のノラちゃんのお家に行き、5ニャン様の大家族に。
まさかのご縁で、びっくりでしたので今度ちゃんとお伝えしますね。
パパさんママさんからびっくりする素敵なプレゼントもいただきましたので紹介したいと思っています。
ミンティア、すごく幸せそうです。本当に嬉しいです。


珊瑚は、これまた最高のご縁をゲットしました。
姉妹の瑠璃ちゃんと、大好きだった弥七お兄ちゃんのところに、ライヤちゃんという新しい素敵な名前をもらって旅立ちました。
ママさんが、「やちるら」さんとしてTwitterをしてくださっていますので、そちらで幸せそうな様子がご覧いただけます。
やちるら、ってすごく素敵な名前です☆
ライヤちゃんが弥七の肉球を必死で吸っている姿には泣けました。
https://twitter.com/kuroshirohappa


ご心配おかけしましたが、おかげさまでミントも珊瑚もすごく幸せになりました。
たくさんのお励ましもありがとうございました。




ーーーーーーーーーー


そしてあっという間にもう年の瀬。
信じられません。
我が家は今年はクリスマスもお正月も一切なし。

あまりに慌ただしく日々が過ぎていきます。
夫も多忙を極めていて、毎日帰宅は2時3時です。
普通の生活とは縁遠い私たち(笑)


今年は介護に始まり、介護に終わる・・・

喪失の年でもありました。
2月に母を亡くし、5月にはビートを、9月には卒業生のアルくん、そしてつい先日白血病だった卒業生のレイちゃんが亡くなりました。
レイちゃん、本当にありがとう。素晴らしい猫さんでした。心からご冥福をお祈りします。
レイちゃんママのNさんも、本当に、本当にありがとうございました。


ものすごく長い一年だったような、ものすごく短い一年だったような・・・

辛いと思っていられないくらい忙しい日々でもありました。

母の最期の闘病の日々、一緒に過ごすことができて本当によかったと思っています。
無理をしてなるべく帰省しました。本当はもっと帰省すべきだったかもですが、私なりに精一杯帰省し、母に添い寝をして、最期の瞬間も看取ることができました。
辛かった闘病の日々を今も思い出して胸が痛みますが、最近は母の笑顔もよく思い出します。
そうすると今度はふとした瞬間あらゆることに母の思い出が現れたりするものですね。
先日今年の年賀状を見ていたら、母が最後の力を振り絞って「なんとか力を振り絞ってがんばっています」と書いてあり、しばらく呆然としてしまいました。
どれだけしんどい思いをしていたかと思うと、やはり胸が痛みます。

4月にはビートが癲癇の重責発作を起こしてしまい、5月に亡くなるまでの間に何度も何度も、それは辛い重責発作をおこました。
ほとんど寝られなかった。。。
最後の発作は、もう少し早く対処できれば助かったのではないか、という後悔の念が今もつきまといます。
もうビートの体がこれ以上は耐えられなかったんだろうし、もっと頑張って欲しいというのは私のわがままだったと思いますが、ビートは私にとって特別な猫だったので、喪失感は大きかったです。

アルくんの白血病陽転は、私にとってかなり大きなダメージでした。
足元が崩れ落ちるようなショックを受けました。
里親さんの悲しみ、苦しみはそんなものではなかったと思いますが、49日にはアルくんからすごく素敵な贈り物も届き、涙が止まりませんでした。

レイちゃんがリンパ腫を発症したことはブログで拝読していましたが、アルくんに続いてレイちゃんまで・・・
アルくんにせよ、レイちゃんにせよ、素晴らしい家族がそばにいたことが何よりもありがたいことでした。


それでもこれはありがたいことなのか、、、
悲しみに沈み込む暇はなく、次から次へと大変な保護猫たちがやってきました。
乳飲み子だったり、大怪我だったり、何かしらトラブルのおまけつきで。
とにかくありがたいことに台風のような日々
たくさんの人に支えられて頑張ることができました。


だんだんしみったれてきました(笑)し、久しぶりのブログなのでやたらたくさんお知らせがありすぎるため、あらぬ方向に話が流れるだけになってきましたので、まずは今現在のまとめ、というか、頑張らなくてはいけない、家族募集の子たちを簡単に紹介します。

次々と介護が必要な猫たちが出現していたので、家族募集もなかなかできずにいました。
募集をかけようとすると、猫風邪がぶり返したり、風花なんて腸重積になるし・・・
何かしら事件が起きてしまって・・・

そしてあっという間に年の瀬となってしまいましたが、年内にこの4にゃんは募集をスタートします!
詳しい紹介は改めて個別に、と思っていますので簡単に。


c0223478_0371050.jpg

風花ちゃんと壮太郎くん、生後4ヶ月。
とても美しいシャム、オリエンタル風な体型の兄妹です。手足長!!です。
仲良しだし、二人とも運動量が多く、活発なので一緒のご縁がありがたいけど、別々も検討します。



c0223478_0391420.jpg

ザ・イケニャン!!
茶トラの中の茶トラ。性格も花丸。ロメオくんです。
生後3ヶ月半くらいだと思うのですが、大きくなるのが早い!!



c0223478_041412.jpg

逆にこちらはなかなか大きくならない!!(笑)
センターから引き出したダフネちゃん。おまんじゅう顔の可愛いサビちゃんです。
先日避妊手術も終えました。生後半年くらいなのかなあ??でも小さめでまだ子猫ちゃんの雰囲気です。



上記4名様、全力で家族募集します!!!!
どうかよろしくお願いいたします。



c0223478_0453912.jpg

最後のハチワレーズ、ジャスパーはうちの子になってもらいました。
もちろんたくさん悩みましたが、よく考えて決めました。
夫は「ファニー2号」と呼んでいます(笑)
1号はもちろん、あの人・・・て⚪︎りんさん!

ファニー2号、どうかこれからもよろしくお願いいたします。



それでは、今度はあまりあけずに更新するつもりです。(ほんとかなー)



ーーーーーーーーーー

日常はInstagramにアップしています。
保護猫たちの様子もお伝えしていますのでぜひご覧ください。
c0223478_13153492.jpg

c0223478_13154730.jpg

c0223478_1316068.jpg

Top▲ | # by tennjan | 2015-12-23 01:01
譲渡は難しいです
c0223478_23295794.jpg

インスタグラム見てくださっている方はもうご存知かと思いますが・・・
卒業したはずのミント&珊瑚、昨日出戻ってきました。
結構ショックで、落ち込んでいます。
譲渡って難しいです、本当に。


まず、明記しておきますが里親さんは決して悪い人ではありません。
むしろ良い方です。優しくて誠実な方だと思います。
その誠実なところがありがたくて譲渡を決めました。
実は一度はお断りしたのですが、また来てくださって、これ以上ないほどの誠意も見せてくれていました。
お届け後も猫風邪のサプリを用意してくれていたり、一生懸命ケアしてくださっていました。
なので余計にダメージが大きくて・・・



一昨日夜、里親さんからのメールに「ミントの目が腫れたので動物病院に行ったら先生に厳しい言葉を頂戴して、いろいろ考えるところがあったから凹んでいます」とあったので、すぐに電話したんです。

何を言われたのか、というのは「どうして2匹も飼ったのか?猫はハンターなのだから、1匹で飼うべきものなのに」ということだったそうです。
ミントの目の腫れも猫風邪ではなく、珊瑚の爪か足が入って傷ついたから、とのことだったそうで。

いまどきそんなことをいう獣医師がいるのか、と驚きましたが、そんなことを気にすることはないですよ、ともちろん私も言ったわけです。

だけど里親さんはここ数日、ミントと珊瑚が仲が悪くて持て余しているようなことをおっしゃったんです。
思わず私も首をかしげてしまって・・・

c0223478_0532879.jpg

これはお届けのときの写真ですが、2匹で抱き合って、珊瑚はミントの肉球を一生懸命吸ったり、ミントも珊瑚をグルーミングしたり、ずっとこうして抱き合っていたんです。


仲が悪いというほどではないのではないか、と思いましたが、よくよく話を聞くとどうもそれが里親さんの負担になるほどの様子ではあるみたい・・・?
いくつか不安要素が重なったうえに獣医師に言われたことも響いたようで2匹飼いがやはりどうしても難しいとおっしゃったんです。

確かに最初は珊瑚ちゃんだけにお問い合わせでしたが、私は2匹飼いを提案しました。
里親さんは猫を飼うのが初めてとのことだったので余計その方がいいと思いましたし、お留守番時間も短くないので、2匹でないと検討できません、と伝えました。
猫を飼うことに対しての不安も伝わってきたので最初はお断りしたんです。

ですがその後里親さんは他の保護猫たちとも触れ合ってきて、他の保護主さんからもいろいろお話も聞いてきて、是非とも2匹で!!と言ってくださっていたんです。


これは思いっきり愚痴ですが、ときどき本当に獣医師の無責任な発言に腹が立ちます。
(もちろん全ての獣医師について言っているわけではありません)
獣医の先生は猫の病気についてはプロですが、猫の生態についてはむしろ保護活動者の方がよほどよく理解しています。
ましてや保護猫については今回のケースについても私は数ヶ月を一緒に過ごしていますので、ミントだけを診て、2匹飼いを否定なさった先生の発言にはちょっと驚いてしまいました。
先生はミントと珊瑚の何をご存知なのかしら?

猫を飼うことは楽しいことばかりではありません。
(私にはそう感じられることも多々ありますがー笑)
思ったようには絶対にいきません。(それが楽しいとも言えるのですがー笑)

真面目な方ほど、不安に陥りやすいです。
不安を抱えた飼い主さんをより不安にするアドバイスって・・・

先住猫との相性についても、先生方が軽く発言した言葉に里親さんたちが振り回されてきた様子をいくつか経験しています。


最近よく思うのですが、ペットショップで買う人達って「お試し」しないですよね?
先住猫と相性が悪くても返品できませんよね?それとも交換するのかな?
だからセンターに不要になった犬猫がいつまでも収容されるのかな?

それとは全く性質が違いますが、道端で行き倒れている猫を保護なさる方も、先住猫と相性が悪くても道端に戻しませんよね?


命と関わることって、その猫が運んでくるかもしれない問題とも向き合うことなんじゃないかと考えています。
多くの猫と触れ合ってきて思いますが、どの猫も結果として必ず、問題以上の幸せを運んできてくれます。


だけどもちろん、無理してほしいとは思っていませんし、相性が悪くてストレスで辛い場合は返してもらって本当に構わないんです。
でもね、ただ簡単に相性の問題にして欲しくないんです。

私たちだってすごく悩むこと、たくさんあります。
里親さんと同じように悩んでいますよ。


それに、これもすごく大切なことなのですが、相性が悪いからストレスになっている・・・というのが本当かどうか、これは案外わかりません。
相性が悪くてストレスになっているという飼い主のストレスが伝わってストレスになっている場合の方がよほど多いように感じます。

私のブログを読んでいる獣医の先生なんていらっしゃらないだろうけど(笑)、先生方には強くお願いしたいです。
飼い主さんを励ましてあげてくださいね、って。
また、猫の性格や個性、その生態については先生にも絶対わかり切らないですよ、って。
もっとも大切なのは飼い主の猫への愛情です。
愛情サポートをお願いします。あ、もちろんまずは治療をお願いするわけですが・・・




すみません、ついつい話が遠く流れてしまいました。

里親さんの苦悩も伝わってきましたので、もしどうしても1匹で、というのでしたら、ミントなら1匹でも大丈夫な性格だと思いますので、珊瑚ちゃんを返してもらいましょうか?と提案しました。
ミントは一人で来ましたし、珊瑚と仲良しでしたが、一人でも全く問題ない性格です。
珊瑚はハチワレーズの中でも一番の甘えん坊で、常に誰かの肉球を吸っているような子です。

それに、里親さんも最初のお見合いの後から、「珊瑚ちゃんを希望してきたけれども、会ってみるとミントくんの方が可愛く思えて」とおっしゃっていたんです。

ところが里親さんはミントを返したい、とおっしゃいました。
理由はミントが男の子でぐいぐいと甘えてきて、うまく接することができないような。
でも話を進めて思ったのですが、ミントに愛情を感じられないんだな、とわかりましたのでもうそれでしたら両方返してください、と私からお願いしました。
愛情があるのだけれどもこの問題とどう取り組んでいいかわからない、ということでしたら精一杯のアドバイスをするのですが、愛情が感じられない・・・と思うのだったら、早めにやめておいた方がよいと思うんです。

この時点で珊瑚が一人ぼっちになると問題行動を起こす可能性も高いとも思いました。
あれだけほかの猫の肉球を吸う子ですから、誰もいなくなったら過剰グルーミングやウールサッキングもしそうですし、分離不安気味になるかもしれません。


里親さんはお一人暮らしの女性ですが、一戸建てを購入なさって、猫と暮らすためにお家をリフォームなさってから入居するとのことで、私もお届け時期はかなり待っていました。
その間、ミントにお問い合わせもいくつかあったのですが断り、募集も中止して待っていたので、かなりの痛手です。
何よりも私の見誤り・・・というか、最初の直感に従わなかったことに凹んでいます。

繰り返しますが里親さんはとても誠実な真面目な方です。
本当に一生懸命でした。なのでご無理もなさったのでしょう。
私もその頑張りに甘えてしまったのかな・・・


珊瑚ちゃんのことはずっと一緒に、と思ってくださっていたみたいなので、里親さんにとっても心の傷になったことと思います。
ここはお互い、傷を負って反省し合いましょうという気分です。
改めて「命の譲渡」であることを私は再確認しました。

猫との暮らしには何の資格も必要ありませんが、愛情とおおらかさは必要かな、と思う今日この頃です。
里親さんはきっと頭で考えすぎたんだと思います。
獣医の言葉は決して原因ではありませんがきっかけとなった感じかな、おかげで早めに帰ってこられたのでむしろ感謝しているくらいですが(笑)


もう少し長く時間をかければ、もしかしたらミントのことも可愛く思ってくれるようになったかもしれない、ともうっすらと思いましたが、帰ってきた二人の様子を見て、早めの決断でよかったと思っています。

不思議ですが確かにあまり仲良くない状態で帰ってきています。
ミントの目の腫れは傷とのことですが、猫風邪も二人ともぶり返しました。
(これは我が家に帰ってきて、移動が繰り返されたストレスかと思います)
c0223478_022202.jpg

c0223478_055397.jpg



おそらく里親さんが「2匹は無理だった」と悩まれた気持ちがミントと珊瑚に伝わってしまったんだと思います。
猫ほど人の気持ちが伝わりやすい生き物はいないと思うほど、猫は人の気持ちに敏感です。



最初の写真で、ロメオ(もうすぐ家族募集しますよ美形子猫たち)と仲良くしているように見えるかもですが、ミントも珊瑚もロメオにとても怒っています。
パンチも何度も繰り返していて、ロメオが気にしない子でよかったです。

お兄ちゃんのジャスパーもリビングにあげてしまっているので、珊瑚は寂しいかと思います。

我が家にいたときは毎日二人とも私がドアを開けると駆け寄ってきてすりすりごろごろで大騒ぎだったのですが、今はまだ二人ともピリピリしています。

昨日と比べると今日の方がうんとリラックスしているので、すぐに元どおりになってくれると感じていますが、二人を見るたびに胸がしめつけられています。



気持ちも新たにまた頑張ろうと思います!
ブログは引き続き気まぐれ更新になると思いますので、気になる方はインスタグラムをご覧くださいね。
応援のコメントもありがとうございます。励まされています。


メールのお返事など滞っています。ごめんなさい。


我が家では、まもなく家族募集開始予定の子猫たちがわんさかいます!!
どうかよろしくお願いします〜〜〜!!
もう頑張らないと本当に私の身がもたない(笑)

募集要項今更ですがブログ内に書いておきました→募集要項

イケニャンロメオ(生後約3ヶ月)
超ふわふわ美猫ペネロペ(生後約4〜5ヶ月・避妊済み)
幻の美猫ダフネ(生後約4〜5ヶ月)
出戻りだけどお間抜けでほんとに可愛いんだから!のミント(生後約5ヶ月)
出戻りだけどお人形さんみたいに可愛い甘えん坊の珊瑚(生後約5ヶ月)
売れ残りだけど最高に可愛い甘ったれジャスパー(生後約5ヶ月)
まだいるんです!けどすごく面白くてオススメの壮太郎(生後約3ヶ月)
まだいるんです!けどすごく可愛らしい甘えん坊の風花(生後約3ヶ月)
※壮太郎&風花はものすごく運動能力が高く、とっても元気な子猫たちです
今も風花が私にべったりで顔中を舐めてくれるので、書きにくいことこのうえないです!笑

そのほかに
いまだにシャーシャー威嚇します!の美しいパステル三毛お雛(推定3〜4歳?)
事故で両足切断のうえ白血病陽性だけどこのうえなく可愛いめめちゃん(推定2歳前)
足の怪我がなかなか治らずとても頑張った美猫のドミノ(推定1歳前、約10ヶ月くらい?)
おそらく交通事故で顎もなくなっちゃって顔面も大変なことになっているアポロ(生後8ヶ月くらい?)
のお姉さんお兄さんチームもいます。



お問い合わせはコチラまで↓
tennjan☆biscuit.ocn.ne.jp(☆を@に変えてください)


ーーーーーーーーーー


c0223478_13153492.jpg

c0223478_13154730.jpg

c0223478_1316068.jpg

Top▲ | # by tennjan | 2015-11-17 01:18
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin