怒濤の一週間&手伝ってくださる方大募集!!

ご無沙汰してしまってごめんなさい。

怒濤の日々を過ごしていました。

この1週間でTNR3カ所5頭、お見合い1件、町会との話し合い1件、聞き込み数件、
お問い合わせへの対応、その他に緊急保護も・・・

TNRについても1カ所はすごく難しいと思われていたところなので、捕獲できて一同皆、
胸を撫で下ろしました。本当によかった。
総じてよかった、と思えることが多く、実りは多いにある1週間でした。

言葉に書いてしまうと簡単ですが、この1件1件に相当の労力がかかってしまって
師走まったく関係なく恐ろしく多忙になってしまっています。
のらりんさんと自転車であっちこっち、走り回っています!笑


そんなわけで、お知らせが遅くなりましたが、子猫たちへのお問い合わせは多数頂きましたので、
一旦募集は停止することにしました。
皆様ありがとうございます!!
みんにゃ、素敵な家族が決まりますように☆


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして、実は緊急保護の猫たちが2頭、プラス2〜3頭、います。
2頭は現在入院中。他の子たちはこれから保護予定です。

入院中の2頭については、緊急に家族を募集します。


c0223478_2371936.jpg

c0223478_237282.jpg

サビの茶子ちゃんと、黒猫の豆太くん。きょうだいです。と〜〜〜っても可愛い2人です。
豆太くんが片目のように見えますが、右目がちょっと結膜炎で閉じ気味になっていただけで、
これは癖になっているようですが、点眼でその都度すぐによくなると思います。



この子たちのお家がなくなってしまいました。
豆太くんも茶子ちゃんも、行き場がありません。



豆太くんと茶子ちゃんのことは、近所の方から聞きました。

近所のOさんのお友達のAさんが、引越を余儀なくされ、面倒をみていた地域猫ちゃん2頭を
やむなく入院させている、という話でした。
お外にいた猫たちだが、病院の狭いケージに別々に入れられていて、可哀想、
どこか置いてくれるところはないか、、、と。

その場でAさんにお電話してくださり、詳しい話を聞くことができました。


Aさんはとっても素敵な方で、今まで20年掛けて、近隣の猫たちを細々とご自分で手術し、数を減らして適正管理を徹底させてきた方です。

豆太くんと茶子ちゃんはその最後の2頭で、Aさんが責任を持って最期まで地域猫として見守るおつもりでした。
・・・ところが、Aさんが事情があってどうしても引越せざるを得なくなり、
この子たちの面倒をみてもらえないか、あちこちお願いしたけれども
「どうか連れて行って欲しい」と言われてしまい、これまた複雑なご家庭の事情で
この子たちを新しい家に連れて行くことが出来ず、悩んだあげくに入院させたそうです。
必死で里親になってくれる人を探しているけれども全く見つからないと。。。

2頭別々に狭いケージで、ストレスも相当かかっているようだとのこと、また、
入院費用も相当かかってしまっていて、Aさんにとっても大変なご負担でした。

私に出来ることは何か、考えてまずはお世話になっている病院を紹介しました。
2頭一緒にちょっとだけですが広めのケージに入院させてもらい、入院費用もかなり抑えられます。


今はこうして(といっても一緒に写っているのはちらっと茶子ちゃんのおしりだけですが)一緒の部屋にいるため、かなり落ち着いてきたようです。
先生も「この2人は絶対に引き離せない。里子に出すときは2人一緒にお願いします」と。

2にゃんとも緊張はしますが、誰でも触ることができます。
ものすごくいい子達です。


歳は7歳。シニアの域にさしかかったところ。
でもまだまだ元気です。狭いケージの中ですが、一緒にじゃれ合って遊んだりもしているそうです。

茶子ちゃんはFIV(猫エイズ)陽性でした。
が、先生もこのまま2にゃん一緒で全く問題ありませんとのことで、やはり2にゃん一緒に家族を募集しようと思っています。


シニア猫ちゃん達ですので、ご高齢の方にも譲渡いたします。
また、Aさんが最終的な責任は持つ、とおっしゃっていますので、期間限定の里親さんでも構いません。

どうか、どなたか、この子たちのお家を提供してくださいませんでしょうか?
と〜ってもいい子たちです。
いきなり病院の狭いケージに入れられて、さぞかし驚いていることと思います。
シニアの域にさしかかっているとはいえ、豆太くんも茶子ちゃんもまだまだ猫生折り返し地点にも到達していません。
これからの猫生、温かいお家で過ごしてもらいたい。。。






また、今後順次保護予定の猫たちもいます。
この子達も地域猫なのですが、面倒をみていた方が置き去りにして引っ越してしまい、
残されたこの子達を不憫に思い、面倒をみていた人たちも一人、また1人と減って行っています。

かわいそうに彼らは居場所を奪われ、地域で苦情の的となり、ご飯を求めて放浪を始めたようです。

もう、胸が締め付けられます。
保護するしかない、と皆で話し合いました。





豆太くんと茶子ちゃんにも、せめてもう少しのびのびできる場所を作ってあげたいし、
置き去りにされた猫たちにも緊急レスキュー場所を作ってあげたい。


・・・ということで、取り壊しが決まっているビルの1室を3ヶ月間の期間限定で借りることにしました。


今日はその部屋を大掃除してきました。
まだまだ掃除しなくちゃですし、あれこれ準備もしなくてはです。

が、もうすぐ豆太と茶子も移動してあげることができます。


置き去り猫たちもレスキューできます。
(といっても捕まってくれるか・・・心配ですが)



そして、皆様にお願いがあります。

このお部屋で猫たちの面倒をみてくださるボランティアさんを大募集いたします!!
1ヶ月に1回でも構いません。
場所は品川駅徒歩圏となります。

詳細お気軽にお問い合わせください。


catwings☆galaxy.ocn.ne.jp(☆を@にかえてください)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんな中、実は心を洗われるクリスマスプレゼントを頂きました。

ねこなでさんが、大好きな辻井伸行さんのコンサートチケットをプレゼントしてくださったんです。
なんて嬉しい〜〜〜〜(T T)
ほんとにありがとう〜〜〜〜!!!

久しぶりに猫以外の文化的なことに触れることが出来ました。

ねこなでさんと一緒に、堪能してまいりました。


辻井さんの音は本当にクリア。
心が綺麗なのが音にしっかりと表れています。
私が最も感動したのは、なにげないフレーズが繰り返されるところだったりしました。

盛り上がる所ももちろん素敵なのですが、そのなにげない、優しさに満ちた音が
本当に愛たっぷりに優しくて、心を打たれました。


すごくすごく、素敵な時間となりました。

ねこなでさんのブログにプログラムが書かれていますので、ぜひご覧ください♪
素敵なプログラムでした♪


帰宅後に、ファウストのワルツを探していたら、思わずめっけもの。

辻井さんとは全く違うのですが、この演奏好き!大好き!!
なので、最後に貼っておきます。
許される方は大きめの音量で聴いてみてくださいね♪


Top▲ | by tennjan | 2013-12-16 23:58
<< やっと!保護できました | ページトップ | 二菜ちゃんのお目目 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin