心配なこと
c0223478_21028100.jpg

たまにはうちの白黒コンビのおまぬけ写真でも・・・
きゃらりんこさんはどうしていつもひっくり返ってるのかな?




・・・なんて暢気にスタートしてみましたが、心配なことが・・・


気が気でないので今日は文字中心で簡単更新でごめんなさい。



まず、先日センターから引き出した止二郎くん、全くご飯を食べなくなってしまったようです。
極度の貧血で、先生からも「いつ何があってもおかしくない」とは聞いていましたが、
まだ早過ぎるんじゃないの、とめくん。

明日、村人Aさんが病院に連れて行ってくださいます。

どうかとめくん、元気になりますように。
二郎トリオ、まだまだこれからなんだから!!!



さらにお雛ちゃん。
早ければ週明けに退院か、なんて言っていましたが、抜糸した痕がよくないようです。
また膿みが出ているそうです。骨髄炎もおこしていた子ですから心配です。
もうしばらく入院して様子を見て頂くことになりました。
お雛、早く元気になって私を怖がらせに来て!!




そしてもう一つ。
こちらは詳細は今は書けませんが、ある卒業生の具合がちょっとよくありません。
近日中に検査結果が出ると思いますが、それまで心配です。
ご家族が献身的なケアをしてくださっているのできっと大丈夫と信じています。
早くしっかり元気になっておくれ〜〜〜〜〜!!!





保護活動って難しいですね。
あらゆる方面で難しさと自分の不甲斐なさを感じています。
嬉しいこと、喜びの方がうんと大きいのは確かですが、心配も多々ありますし、
完璧に出来るってことはないって分かっていても、「ああ、もっとこうすればよかった」
「あのときこうしていれば」とか「ここはこうすべきだった」とか毎回毎回反省の日々です。
その都度ベストを尽くしているつもりでも、足りてないところってあるわけです。
自分の未熟さ加減に「父ちゃん情けなくて涙出てくらぁ!」(古くてごめんなさい)ってことが多いです。
「母ちゃん情けなくて涙も出て来ないわ」にならないように頑張りたいと思います。
まだまだ色々、猫の神様の修行は続きます。
学びの機会はたくさんあります。



どうかどの子もみんな、元気になりますように。
心から祈っています。
Top▲ | by tennjan | 2014-03-19 21:26 | 止二郎
<< 小さな命の写真展 | ページトップ | リビーは少しずつ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin