CATWINGS 現在保護中の猫たち
ーーー現在、catwingsにて保護中の猫たちの紹介ページですーーー

※catwingsではセンターの負傷猫を引き出していることが多いですが、この子たちは皆、殺処分寸前でした。
他にもそんな状況に置かれた子はもっともっとたくさんいます。
私たちができることは本当にほんの僅かです。負傷猫は実際問題費用もケアの手間もかかります。
そして引き出しても引き出してもその間に何倍もの数が収容されていきます。
あまりの無力さに脱力することもしばしばです。

でも見てください、どの子もみんなすごく輝いてるでしょ?

平成23年度の東京都の殺処分数は犬・243頭、猫・2330頭
犬の引き取り頭数に対する処分数は20%、猫は82%です。

著名な写真家・アウグストザンダーの言葉です。
見ること 観察すること そして考えること

一人一人が考えれば、未来は明るい、と信じています。




c0223478_1631219.jpg

左膳(さぜん)

2013.5 倉敷保健所より引き出し
引き出し後の検査により、頚椎損傷が発覚(おそらく交通事故)
四肢が麻痺して動く事も出来ず、病院でも安楽死を勧められたが奇跡的に回復。
現在はtennjan宅保護部屋で新入り猫さん達を和ませてくれる皆のよき先輩。

カテゴリ:左膳




c0223478_16373396.jpg

赤坂新二郎

2013.6 動物愛護センター城南島支所より引き出し
左後足の複雑骨折により、動けなくなっている所を収容されていました。
現在は少し足を引きずりますが日常生活に全く支障がないほどに回復。
村人Aさんの老猫ホームのイケニャンアイドル♪

新二郎のご挨拶




c0223478_16415479.jpg

八幡山又二郎

2013.6 動物愛護センター本所より引き出し
飼い主であるおばあさんによる持ち込みにて収容されました。
持ち込み現場に遭遇してしまったため、村人Aさんの老猫ホーム入りが決定。
猫エイズキャリアで口内炎も酷いですが、大変な甘えん坊さんで毎日ご機嫌♪

又二郎のご挨拶





c0223478_1793973.jpg

平吉改め、乱麻
家族募集中!

2014.2 とある繁華街のTNR現場より保護
劣悪な環境、車通りの多さなど、危険が多い場所なのでレスキューしました。
まだまだ若くて人なつこく、とっても可愛いイケニャンくんです。
なかなかご縁がつながらないため、思い切って改名。
のらりんさんが気持ちも新たにご家族大募集中!!

カテゴリ:平吉





c0223478_1715113.jpg

お雛

2014.3 動物愛護センター城南島支所より引き出し
右前足が腐敗し、皮一枚で繋がった状態で衰弱して収容されていました。
センターでも断脚手術してもらっていましたが、化膿が酷かったため再度の断脚手術を経て入院。
退院後はtennjan宅にて家猫修行中。
当初は大変恐ろしい三毛猫さんでしたが、最近可愛くなってきちゃいました♪
家族募集予定

カテゴリ:お雛





c0223478_17185913.jpg

神宮前長二郎

2014.4 動物愛護センター城南島支所より引き出し
衰弱して動けなくなっていた為収容されていました。
重度の貧血と栄養失調により、かなり衰弱していましたが、徐々に元気を回復中。
神経障害も見られますが、なんとか元気に頑張ってくれています。
村人Aさんの老猫ホームにて静養中。

カテゴリ:長二郎、権二郎




c0223478_17231248.jpg

高島平権二郎

2014.4 動物愛護センター城南島支所より引き出し
まさに満身創痍の状態で収容されていました。
体中に怪我をしていておそらく交通事故でしょう、顎にずれがあり、動きもかなり変でした。
怪我治療のためしばし入院後、村人Aさんの老猫ホームにヤングだけど仲間入り。
驚くべき回復力を見せており、現在ほぼ普通に動けるようになっています!!
とっても甘えん坊で可愛い男の子です♪

カテゴリ:長二郎、権二郎




c0223478_17333092.jpg

小次郎

2014.4 動物愛護センター城南島支所より引き出し
小次郎も交通事故か…左前足骨折に加えて全身に傷。
化膿が酷くなっていたため、しばし入院後にtennjan宅保護部屋へ。
順調に回復をみせ、骨折もしっかり治ったところで皮下膿瘍がまた見られたため再治療開始。
とっても元気なやんちゃくんですのですぐによくなることと思います。
家族募集予定♪

卒業しました!!ありがとうございました!!
カテゴリ:小次郎






c0223478_20201895.jpg

ニコ

2014.5 動物愛護センター城南島支所より引き出し
何があったかは不明ですが、夜間動物病院より引き取り要請があったとのことで収容されていました。
『スコティッシュフォールド 痙攣の稟告あり』ということで収容されたニコ。
四肢に震えが見られ、動作はかなり緩慢、肝臓の数値が悪かったのですが、お薬で完治。
去勢手術もすることができ、生活の様子を見守りながら今後の家族募集を考えます。
現在はtennjan宅保護部屋にてのんびりまったり中♪

カテゴリ:ニコ




・・・そしてのらりんさんが一大決心をして保護した猫さんがまもなく登場予定!!




ーーー☆になった子たちーーー


c0223478_2027270.jpg

トビー・益二郎
2013.5 動物愛護センター城南島支所より引き出し
立派な猫さんでした。同じ所をぐるぐると回って徘徊していたところを収容されました。
まだ若かったのに、身体はボロボロでした。
トビーに何があったのかは分かりませんが、本当に素晴らしい猫さんでした。
トビーちゃんの跡をついで、皆「二郎」の名前をもらっています。

トビーちゃんからのご挨拶





c0223478_20392622.jpg

黒の122番
2013.9 動物愛護センター城南島支所より引き出し
両目が酷い結膜炎で、衰弱して収容されていた子猫です。
皮膚の炎症も見られました。まさか、まさか逝ってしまうとは・・・
とってもとっても可愛い子でした。仮名もつけてあげる前に病院からお空に旅立ってしまいました。

カテゴリ:黒の122番





c0223478_20421569.jpg

ひの
2014.1 動物愛護センター城南島支所より引き出し
経緯が不思議で動物病院にて猫エイズ陽性だったので警察経由で収容されたとのこと。
明らかに神経障害がみられましたが、ものすごく人なつこい子でした。事故だったのかな?
村人Aさんのお家に来てすぐに息を引き取りました。信じられない早さで召されてしまいました。
天使のような猫さんでした。とってもいい子でした。

カテゴリ:ひの





c0223478_20472230.jpg

足立止二郎
2014.3 動物愛護センター城南島支所より引き出し
大きな茶白猫さんなのにたったの2.8キロしかなかったとめくん。
衰弱が激しく、収容されました。綺麗で新しい首輪もしていたのに・・・
全く食べられなかったとめくんが少しずつ食べられるようになって喜んだのもつかの間、私たち皆が見守る中、静かに息を引き取りました。

止二郎が来た日
カテゴリ:止二郎
Top▲ | by tennjan | 2014-05-23 17:37 | CATWINGS
<< ニコもこじも頑張りました | ページトップ | ニコの検査結果 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin