インサイド・ルーウィン・デイヴィス
c0223478_2225485.jpg

お父さんに甘える伽羅りんこちゃんです。
夫がiPhoneで撮った写真が可愛かったので送ってもらいました。


伽羅は本当に女の子らしくて、甘える時間をしっかり使い分けています。
ちゃ〜んと2人っきりになる時間に甘えるんですよ。

このときは夫と伽羅以外はみんな私と一緒に寝ていました。
なので、お父さん独り占めでご機嫌な伽羅ちゃん♪



また、日中お兄ちゃんたちがお昼寝しているときは、私にベッタリです♪
すご〜〜く上手に甘えタイムを使い分けるきゃら・りんこさんでした。



さて、今日は久しぶりに映画です。

コーエン兄弟ですよ。

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』を観ました。

まあそれはそれは可愛い茶トラの猫が出てきます。
・・・が、猫好きにはあまりオススメしないかな〜〜〜?
いや、猫好きには、じゃなくて、保護活動者には、かな?

ルーウィン・デイヴィスを殴りたくなります。笑
(でも猫関係なく殴りたくなるかも?)


それにしても、さすがはコーエン兄弟。
映画の魅力は素晴らしいものがありました。
奥が深い!映画としては非常に面白かったです。


予告編です↓



昨日紹介した音楽にも登場していたジャスティン・ティンバーレイク、ソーシャル・ネットワークのときも思いましたが、なかなかよい役者さんですよね。


映画好きには非常に面白い映画だと思いますが、決して万人受けしないだろうな、という印象です。
それに、私には切な過ぎて辛かったです。
決してただの悲劇とかではないのですが、すごく沁み入ってしまうんです。
切ない映画でした。
(切ない映画、切ない小説、って褒め言葉ですけどね)


猫の名前がラストで明かされますが、これがまたすごいんですよ。
私はよく分からなかったので帰宅後にいろいろ調べてしまって唸りました。
あのシーンで使っているのはあの音楽なのか!!ということも…

とにかく、切なく沁み入る映画で、噛めば噛むほど味があると思います。
久しぶりに映画的に興奮する映画でした。辛かったけど…

私はやっぱり、胸が苦しかったのでもう観たくないけど、夫は明るい気持ちで観終えたようですよ。
そうなんです、ただ暗い映画ではありません。







観たい映画がたくさんあります。

昔、すごくたくさん映画を観たのですが、結局、私が一番好きなのはコメディなんです!!笑
自分の人間性を物語ってしまいますね。
ポリスアカデミーなんて何度観てもお腹を抱えて笑ってしまいます。
安心して観られるコメディーを何度も繰り返し観るのがお気に入りです♪


久しぶりにお顔を拝見したくなったので、動画探してみました。
サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ



それではみなさま、楽しい週末を☆
Top▲ | by tennjan | 2014-06-28 22:56 | 映画・本・アート
<< 空豆の家族が決まりました! | ページトップ | お雛の想い >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin