人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top
たかが猫風邪されど猫風邪

また文字だけ更新でごめんなさい。

みなさんからたくさん応援頂いているのに、お一人ずつに返信できていなくてごめんなさい。
本当にありがとうございます。とっても嬉しく、励まされています。


ニコちゃん、今朝も発作を起こして、ひきつけを起こして呼吸が荒い状況が45分も続きました。
本当に気が気じゃなかったです。

う○ちもおしっこも、ヨダレも垂れ流し状態で、瞬膜が出てしまって目がいっちゃっている感じ、そして呼吸はものすごく速くなってしまっていて、手足をひきつけています。
ものすごく辛そうでした。


今日は左膳とニコを病院に連れて行きました。
左膳もまだしんどそうで、何も食べられませんが、熱は39度2分まで下がりました。
今日も注射2本と点滴がんばりました。


ニコちゃんは、半日入院することとなり、静脈点滴を受けつつ、血液検査を受けることになりました。
病院にいる間に異変があったら、酸素室に入れてもらえるので少し安心です。

ネブライザーは今日じゃなくて明日届くようです。待ち遠しい。。。
けれども、ネブライザーももしかしたらニコちゃん怖がるかも?
さきほどホームセンターで衣装ケース買って来ましたので、楽に入ってくれるといいな…

夜、ニコちゃんをお迎えに行きます。
早く元気になりますように。
先生とも話していたのですが、今日明日あたりが山場じゃないかと思います。


そして、悪いことは続くもので、お雛にもやはり、うつりました。

もうかなり号泣気分になってきました。


お雛は病院に連れて行くのがすごく難しいので、投薬勝負なのですが、お雛もやっぱり、今朝からゴハンを一切食べません。
…ということは薬も飲ませられない。
どうかどうか、軽い症状で済みますように。
いざとなったら家の中で捕獲するしかありませんが、またお雛との信頼関係が0からやり直しだろうな〜と思います。

お雛、ずっと左膳のことを盾になって私から守っていたんです。
ほんとうに素晴らしい猫さんです。
お雛が怖くて左膳に点鼻も投薬も出来ないくらいでしたから・・・
久しぶりにすごいお顔で威嚇してきました。

外猫さんが来たときも、いつもなら左膳が激怒して追い払うのに、昨日はお雛が左膳を守って初めてすごい威嚇をしてみせました。
お雛、偉いね;;
本当にお雛ちゃん、最高!!
外猫ちゃんといっても、もちろん手術済みでご近所の方にとても可愛がられている半飼い猫ちゃんです。外猫がいるのに保護しないのかー!というご意見もあるかもしれませんので、念のため。
引越してきてから近所の猫たちについてはのらりんさんと一緒に聞き込み調査済みです。




お雛の症状が悪化しませんように。
そして、どうかミトンにうつりませんように。


なんだかすでにぐったりしてきましたが、これはまだまだ序盤なのかもしれません。
気を引き締めていくことにします。

今日になって、うちの子の誰かが血が混ざった胃液を吐いていました。
ビートかなあ?と思うのですが、ハッキリとは分かりません。
てこちゃんも昨日から嘔吐が続いているので、てこかもしれません。
なぜかまだうちの子たちにはうつっていないようなのですが、この調子だと時間の問題?


おかげさまでゆうたはかなり快方に向かっています。
まだ鼻水が出ますし、くしゃみも出ますが、ぐんと減りましたし、なんといっても元気いっぱいになってきました。
食欲もバッチリです!
ゆうた、偉いぞ!がんばってるね!

・・・ゆうたには本当に申し訳ないけど、ゆうた、しっかり治るまで入院してもらうことにしました。
ニコちゃんのお迎えのときに病院に預けて来ます。

この調子だと今ゆうたと一緒にいるうちの子も全員感染するかもしれず、そうなると高齢のビート、子猫の空璃、免疫力の低い空介、てこちゃん、もとても心配です。
伽羅だけは今は健康バッチリですけど・・・
入院してもらってもすでにウイルスはあちこちにありますのであまり変わらないかもしれないのですが、見ているとやはり、密に接触するのが一番危険だと思われますのでそのように決断しました。

ゆうた、遊びたい盛りで元気になってきたのに本当にごめんね。
甘えん坊でめちゃくちゃ可愛いゆうたですから、病院は辛いだろうな、と思いますが、頑張ってしっかり治してきてね。
ごめんね、ゆうた。ほんとにごめん。
早く元気になって帰って来てね。待ってるからね。


そして先ほど病院に電話したのですが、ニコ、やはり肝臓の数値が悪化しているようです。
ニコ〜〜〜〜〜〜〜〜〜



みなさん、これを悪い手本にしてくださいね。
たかが猫風邪、されど猫風邪です。
猫風邪について、きちんと書ける自信はないのですが、猫風邪は怖いです。
だけども、必要以上に恐れるべきものではないですし、とても多くの猫さんが猫風邪に感染したことがあると思います。
きちんと治してあげれば、強い子になります。

今回、私は猛反省しています。

ゆうたが軽い猫風邪症状だということは聞いていたのですが、甘く見過ぎていました。
これがすべてのトラブルの原因です。

そして、左膳やニコちゃんがこんなに身体が弱いということにも気付いてあげていませんでした。
猫風邪の子と少しも接触させてはいけませんでした。

ゆうたが来たときはとっても軽い症状だったし、どんな子も猫風邪は多少なりともひいていたりするのであまり気にしていませんでしたが、これが大間違いでした。


猫風邪を引いている子は、たとえ軽症であろうとも、まずは隔離、そして適切なケアですね。

自分のダメさ加減に泣けて来ます。
慢心していたと猛烈に反省しています。



今は同じような経験がある諸先輩方に必死でアドバイスを求めています。
みなさま、本当にありがとうございます。
スペシャルサンクス:にゃん太さん!のらりんさん!ほんとありがとうございます!!



最後に皆さんに心からのお願いです。

猫風邪を引いている子がいけないんではないんです。これ本当に。
猫風邪なんて、きちんと治してあげればいいだけなんです。
先住猫さんがいる場合でも、しっかり隔離して、適切なケアをしてあげればいいだけなんです。
なので、猫風邪くらいで諦めないで(何を?というのはわかりませんが)、とお願いします。
むしろ、そんな苦労をしてきた猫達を誇りに思ってください。

空介もてこちゃんも伽羅ちゃんも酷い猫風邪を引いていましたが、今はとっても元気です。

ましてや我が家のように、負傷猫や衰弱猫ばかりの多頭飼育でなければ、そこまで恐れることはありません。
でも、隔離はしてあげてくださいね。そして適切なケアを!!
先生のご指示に従って、オッケーが出るまでは隔離してあげてくださいね。
ワクチンも大切です。

今回は私が甘くみてしまったことが全ての原因です。
猫たちにはひたすら申し訳ない気持ちでいっぱいです。


引き続きしばらく、みんなのケアに全力を注ぎます。
Top▲ | by tennjan | 2014-09-12 16:56 | ニコ
<< 不測の事態 | ページトップ | ニコが・・・ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin